Top > 雇用契約書の処分について

雇用契約書の処分について

毎年多くの人と雇用契約を締結すると、同時に雇用契約書を保管する必要が生じます。 雇用契約書は労働の際に最も重要な書類と言われていますので、その処分に困っている事業主は多くいます。 雇用契約書は処分してはいけないのでしょうか。 実は、ある労働者が退職したからとすぐに捨ててはいけないことになっています。 労働者が退職して日から3年間は保管をしなければならないのです。 これは、労働基準法にも定められていますので、遵守しなけらば法律違反として罰則の対象となるため注意しましょう。

雇用契約書のテンプレート販売

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
雇用契約書に書いてある業務内容と違うことをやらされる場合(2019年8月 3日)
雇用契約書の処分について(2019年7月27日)
気になるベラジョンカジノの無料ボーナスについて知りたい(2019年1月29日)
いい塾がない(2018年11月23日)
熱い時には扇子でね(2018年10月28日)